須我神社

左側にリストが無く、トップページに行けない方はここからどうぞ!!、

 ★雲南市大東町にある須我神社に行ってきました。

2009年5月

やまたのおろち(八岐大蛇)を退治した、すさのおのみこと(須佐之男命)が
稲田姫と共に須賀の地に至り、美しい雲が立ち昇るのを見て

「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣つくる その八重垣を」と歌い、
日本で初めての宮殿を作り、鎮めた。

これが古事記・日本書紀に記載されている「須賀宮(すがのみや)」であり
日本初之宮でもある。

《 祭神 》

須佐之男命(すさのおのみこと) 

稲田比売命(いなたひめのみこと) 

清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと)

武御名方命(たけみなかたのみこと)

「八雲立つ・・・」三十一文字の歌も日本で一番古い歌であり、

この地が「和歌発祥の地」の由縁で、この歌の中の「出雲」は

出雲の国名の起源でもある。

石段の脇には 歌碑があります

出雲市から54号線で三刀屋 木次 経由で行きましたが、
 道路も良くなっていて ドライブには最適 でした。  ご朱印をいただきました。