出雲國神仏霊場とは

神々のふるさと出雲の国。
神話に彩られた数多くの神社・仏閣が昔ながらの美しい景観の中で
静かなときを刻んでいます。神無月といわれる十月も、この出雲では
神在月と呼ばれ、全国の八百万の神々が集われて、信仰に基づいた
祭事や伝統行事も数々行なわれています。また宍道湖と中海を囲んで
海、山、川の美しい景色と、人々の心豊かでつつましやかな生活が一体と
なってあり、古くから「ご縁」を大切にしてきました。
 「出雲國神仏霊場」はここに由緒ある二十の神社と仏閣を訪れる巡礼の
道であり、この地をゆっくりと歩き、大自然の中で生かされている自分を
発見し、心の安らぎを感じていただくことを念願しています。 
 
     ・・・出雲の国「社寺縁座の会」発行   「ご縁の道 心の旅」より

神仏や宗派、県境を超えて島根と鳥取県の20社寺でつくる
出雲の国『社寺縁座の会』では、神仏霊場巡拝を行っています。

巡拝は、宍道湖と中海を囲むように立地する20社寺を巡るもので、
第1番の出雲大社から第
20番の日御碕神社までを順番に巡ると「8」の字になります。

神仏霊場のシンボルマークも8の字で、無限大の意味も表しています。

各社寺の巡拝者には、朱印と護縁珠(ごえんじゅ)を500円で授与。
護縁珠は、雲州そろばんを活用した木製の数珠で、紐を通すと首に掛けることができます。


朱印には、それぞれの神社・仏閣を象徴する漢字一文字が書かれており、
お守りとしてはもちろん、旅の記念にもなります。

20社寺は次の通り。
(1)出雲大社(出雲市)(2)鰐淵寺(同)(3)一畑寺(同)
(4)佐太神社(松江市)(5)月照寺(同)(6)賣布神社(同)
(7)華蔵寺(同)(8)美保神社(同)(9)大神山神社(米子市=本社)
(10)大山寺(大山町)(11)清水寺(安来市)(12)雲樹寺(同)
(13)平濱八幡宮・武内神社(松江市)(14)八重垣神社(同)
(15)熊野大社(同)(16)須我神社(雲南市)(17)峯寺(同)
(18)須佐神社(出雲市)(19)長浜神社(同)(20)日御碕神社(同)

 松江商工会議所などでつくる「神仏霊場ブランド創出実行委員会」が
出雲国神仏霊場」にちなんだオリジナル工芸品を開発しました。
新たな観光の魅力づくりが目的で、地元の工芸作家が手掛け
松江市の月照寺で作品発表会があり、関係者が匠の技に見入りました。


 神仏、宗派を越えた二十社寺の霊場巡りに取り組む「出雲国社寺縁座の会」
の活動を観光振興につなげようと、各社寺にちなんだ新しい商品作りを進めてきたもので

完成作品は「和のこころとかたち」をコンセプトに地元工芸作家が、
抹茶茶わん、和紙レターセット、燭台など九社寺にちなんだ十七点を創作しました。

神仏霊場ブランド

松江市の八重垣神社からは、桜材の八角形の「鏡」、「宝石箱」、結婚指輪などの大切な
宝を納めておきたい「姫小箱」等が展示されました。いずれも装飾は神社のシンボル《二葉の椿》
などを丁寧に仕上げた銅細工であしらってあります。【銅工芸 トム・工房 みやざき洋子 製作】 
宝石箱のふたの裏側には、  「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣つくる その八重垣を」 
と ”スサノオの尊”が詠んだ、日本初の和歌が彫刻してあります。

八角形の鏡の「八重垣神社の印」と、宝石箱の蓋の「和歌」は、当店で彫刻させて頂きました。

銅細工の繊細さがわかりますか?

八重垣神社 (やえがきじんじゃ)
縁結び、夫婦和合、授児、安産、厄難除、災難除
古くから出雲の縁結びの大神として知られている。 
八岐大蛇(やまたのおろち)退治で名高い素盞鳴尊(すさのおのみこと)
と稲田姫命(いなたひめ)の御夫婦が主祭神。

左側にリストが無くトップページに行けない方はここからどうぞ!