長浜神社

左側にリストが無く、トップページに行けない方はここからどうぞ!!、

 ★出雲市西園町上長浜 にある長浜神社に初めて行きました。

2009年9月3日

国引き神話で有名な八束水臣津野命は「出雲の国は細長い布切れのような国だなあ・・・
最初に国を小さく作りすぎてしまった。だから作り足して大きくしよう」と言われ、
国引きを決心されました。
どこかに継ぎ足して縫い合わせられるような土地はないかと眺めてみると
「朝鮮半島の新羅の岬に余った土地があるぞ」と見つけられ、
「国来い」と引き寄せて縫い合わせていかれました。
こうして出来た土地は島根半島の西端の杵築の岬の一帯です
この土地をつなぎとめるために立てた杭は三瓶山です
また引いた綱は長浜がそれです

神社のすぐ横に駐車場があり 
鳥居が見えます。


境内に入ると 本殿の横に
シートをかけた相撲の土俵が・・・


国引き神話にちなんで、10月に、直径8p、長さ30mのジャンボな綱引き大会が開催されます


《 御祭神 》
風土記に登場する 
八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)
を主祭神
とし ご利益は 「スポーツ上達」「勝利」など

上の駐車場は本殿の横に出る為
一度、神門の外へ出ることにしました。

神門から 階段の下を写しました。
途中に大きな鳥居が見えます。

本当はここを歩いて登るものでしょうが・・・
少しでも楽をしようという 気持ちが・・・

次回のお参りは歩いて登りたいと思います。

でも、今日は 今登ったつもりで・・(^^)
振り向いて お参りのスタートです。

出雲の語源の いずも掛けか・・・
出雲の「出」の字になっています。

当店のイメージカラーの 黄色のろうそくに
火をつけて 参拝を始めました。

下の駐車場に車を止めたものの、境内は階段のかなり上みたいなので、
上の駐車場を目指し、車を走らせました。

神門の向こうに拝殿が見えます。

拝殿の大きなしめ縄の下で  うつしことば  文字を一文字選び 木片に書いて供えました。
選んだ文字は 天然石の『石』の文字 ご利益がありますように。

社務所から見た 拝殿の全景 思っていた以上に大きな境内

拝殿の後ろに 本殿があります 今日は参拝者も少なく 
のんびりした空気が流れ  静かで癒されます。

右手の奥に赤い鳥居の 稲荷社もお参りして 商売繁盛のお願い。

稲荷社を左へ曲がると 三連の珍しい作りの鳥居・・・
左が荒神社 中央に要石(かなめいし) 夫婦石 右に岐(くなど)神社

上の石は 左の黒い石が 要石
国引きの時の土地鎮めに使われたと・・・

中央が男の石 右が女の石 です。
一対で 子授け 安産、のご利益があります。

社務所で御朱印をいただいている間 社務所の中の 国引き神話の 絵の大作を撮影
2枚の写真をつなげても全部は入りませんでした。

出雲に生まれてかなりの年月・・・  こんな神社があったとは・・宮司さんもとてもいい方でした、
まだの方は ぜひ一度お参りされることを お勧めします。

地元散策 のページへリンクします